「私のことは忘れても、この自然の姿だけは忘れてほしくないのです」これがこの写真集のテーマである。
自然への憧れ、それはいつの間にか私の心の中に植え付けられていた。・・・・・・以下略

ベランダで育てている植物、花々、そしてそこから見える風景にこだわって写真を撮り続けている。
真南に位置するベランダからは丹沢山系が一望でき、空も広い。真下には自動車学校があり視野も開けている。森羅万象、風景を撮るのには6階という好条件の場所でもある。・・・・・・・以下略

がメインテーマになっています。

この写真集は松之山の人と自然が、

2007年1月25日発刊

写真集「大自然への憧れ」を出版してから半年が過ぎた。自然の物語には一区切り付けて、思い出を辿った写真集を作ってみようかという気になった。どこから始めようか・・・記憶に残っているのは父の転任で一家が過ごし、そこで父が撮りためた新潟市内での写真である。・・・・・・・以下略

写真集「ベランダ日記・花ごよみ」編集中

石原健一写真集展示室

2007年2月12日 14:35:37

発刊のことば

思い出のアルバムコーナー
トップページへ

発刊のことば

まえがき

発刊のことば

「ベランダ日記シリーズ」第2集は「雲のある風景」をテーマにした。早朝から夕暮れまで、そして四季折々に天空に現われる雲の様はあきることがない。
次から次へとかたちを変え、ある時は西へ東へ流れ、舞い上がり、太陽の光を受けて美しく輝き燃える。・・・・・以下略

2005年11月18日発刊

松之山の大自然

1月

写真集「ベランダ日記 花・風景」コーナー

写真集コーナーでご覧下さい

2005年6月25日発刊

写真集「雲のある風景」コーナー